ハワイ旅 食事のこと

スポンサーリンク

<script>” title=”<script>


<script>

ハワイで体調を崩さないために気をつけたこと 食事編

羽田空港の食事

22時、夜のフライト

人生初のビジネスクラスでの旅行でした。

出発前の羽田空港のANAラウンジにて夜ご飯。

初めてのラウンジ体験で調子に乗って食べすぎないように注意しました。

ANAラウンジではヌードルコーナーで作りたてのそばやうどんを提供してくれました。

山菜そばとサラダ

東京はお蕎麦が美味しくて好き。

空港ラウンジながら我が地元よりもレベルの高いお蕎麦をいただけました。

生野菜が少なすぎて残念でした。

羽田→ホノルル ANAの機内食

機内食は事前にベジフルーツプラッターをリクエスト。

野菜とフルーツだけの潔い機内食です。

ドレッシングはレモン汁がかかって提供されます。

野菜が味気ないので、無理に野菜を食べずにフルーツだけのフルーツプラッターでも良かったかな。

ハワイでの食事

今回はハワイではキッチン付きのコンドに泊まったので基本夕食は自炊しました。

大量のサラダと肉や魚を焼く、というシンプルな料理。

バーベキューグリルでお肉、エビ、サーモンを焼いたり。

住人のおじいさんに使い方を教えてもらった

味付けがシンプルだと食べ過ぎず、適量で食事を済ませることができます。

塩分控えめなので浮腫みません。

日本から持っていった調味料↓

一番右の黒みつ

砂糖の代わりになると思って持って行きましたが、使いませんでした。

凝った料理もしなかったし、コーヒーはコンドの一階で美味しいのが買えたので砂糖を使う機会がなかった。

オリーブオイルはダイソーで小さなサイズのを買って行きましたが足りなくなり、Whole Foods Marketで追加購入。

オリーブオイルを一番活用したなぁ。

真ん中、白いものがイカ

イカを部屋で焼いたら最終日まで部屋がイカ臭かった。

次回は出来るだけ外のバーベキューグリルを使うようにしよう。

意識したこと

日本での習慣を守るようにした。

    空腹になってから食べる
    空腹を我慢しない
    薄味

と言っても我慢は特にせず、外食もそれなりに楽しみました。

ロイヤルハワイアンでの朝食ブッフェ

ビーチ沿いでお食事したい!

ってことで評判のいいこちらで朝食を。

ここでは一品メインをオーダーするシステム

わたしは蟹のオムレツをチョイス。

蟹がふんだんに入っていて美味しかった。

夫がオーダーしたエッグベネディクトとを半分もらう。

エッグベネディクトファンの主人曰く、

今まで食べたエッグベネディクトの中で一番美味い!

とのことでした。

どの食べ物も味付けが濃すぎず、すごく美味しかった。

デュークスレーンのハッピーアワー

ABCストアが運営するデュークスレーンはショップとレストランがドッキングしたお店。

綺麗だけどカジュアルで入りやすくてお気に入りのお店。

ハッピーアワーのバーガーが激ウマでした。

最終日の食事

最終日は日本的なものが恋しくなり、朝食はおにぎり。

夜はタイ料理


味が濃くて調子が悪くなりそうだったのであまり食べれませんでした。

やはり自分で作った料理が体がラクですね。

ホノルル空港の食事

ホノルル空港ではユナイテッド航空のラウンジを利用します。

アルコールが有料とかホットミールがないとか、イマイチな評判で期待していませんでしたが、朝ご飯としては十分な内容でした。

フルーツは、パパイヤ、メロン、パイナップルの三種類だけ。

フルーツにヨーグルトをかけて

ホノルル→成田 ビジネスクラス 機内食

フルーツプラッターを事前リクエスト

おぉ。

羽田→ホノルルと違ってなんだか豪華。

さっき機内でCAさんが剥いてくれた??的なフルーツ達。肉厚で美味しかったです。

しかし、フルーツ以外の食べ物を体が欲してきたのでサンドウィッチをいただきました。

帰国後に食べたもの

疲れていたのでしょうか?

ちょっとジャンキーなものが食べたくなり、いきなりこんなものを食べてしまいました。